【チラシ】9月28日(金)〜30日(日)限定3日間「想いを込めて紡いだアートギャベ展2018」開催

【絨毯の歴史と役目】

絨毯はそもそも遊牧民の生活必需品だった。紀元前6000年頃、それ迄の狩猟採集生活から濃厚牧畜生活に移行し「遊牧」という生活形態が始まったと考えられている。

毛皮に変わり羊毛を利用するようになり、

フェルト→平織り→織物

と発展していった。ギャベをおるのはイラン西部で何百年も前から遊牧生活を営むカシュガイ族。移動の旅に建てるテントの住まいは柱を組み、天幕をかけて作る。テント内で絨毯は家財道具として用いられた。例えば寝具などを入れる収納家具や硬い地面の床に敷いてその上で過ごした。

その絨毯というのがまさにギャベである。ギャベは遊牧民の生活必需品だった。

標高2500~3000m程の高地で育った羊。

日中は暑く、夜はぐっと冷え込む、朝晩の気温差が30℃近い環境から身を守るため、優れた吸湿性と保湿性の高いウールになっています。

そんな機能的な天然素材ウールをイランの遊牧巳カシュカイ族が手織りする絨毯が”ギャベ”なのです。

特別商品や色とりどりのギャベが揃う3日間

今回は第5回目を迎える記念として特別商品を用意させていただきました。

①サイズ 約80x120

200000円の品を 100000円

限定3本限り

 

②サイズ 約150x200

500000円の品を 300000円

限定3本限り

 

③サイズ 約200x300

800000円を 500000円

限定2本限り

 

と魅力的な商品と色とりどりのギャベを取り揃えております。

約150枚のギャベの中から運命の一枚との出会いにご来場されませんか?

ダウンロード
ギャベ展表面
9月28日折り込みチラシ。ギャベ展のご案内です。
2018ギャベ展表面.pdf
PDFファイル 987.6 KB
ダウンロード
ギャベ展裏面
9月28日折込チラシ裏面。ギャベと合わせた家具やオススメ家具を掲載しております。
9月28日折込チラシ裏面.pdf
PDFファイル 1.8 MB

大一家具

石川県羽咋市大川町2丁目123番地

営業時間10:00~18:30 水曜定休

電話 0767-22-0876

FAX 0767-22-1240

【HP】

https://www.daiichikagu.jp

【Facebook】

https://www.facebook.com/daiichikagu/

 

【カーナビで探すとき】

住所で探す時 →石川県羽咋市大川町2丁目123番地

電話番号で探す時→0767-22-0876

お待ちしております(≧∀≦)

記事が面白い、為になったと思っていただけたら「いいね!」をお願いいたしますっ‼️↓